MEBO(Management and Employee Buyout)

M&A用語

2021.8.13 months前

MEBOとは

MEBO(Management and Employee Buyout)はM&A手法のひとつであり、会社の現経営陣と従業員が一体となって自社を買収するもので、事業承継にも活用できます。MBOは経営陣による買収、EBOが従業員による買収ですが、MEBOはその両方の特徴を持っていると言えるでしょう。しかし、活用事例は多くありません。

社内人材が株主となり、所有と経営が一致するため、意思決定を迅速に行いやすい経営環境にできるのが特徴です。また、従業員が株主となるので、企業価値の向上が従業員のインセンティブにもなり、社内のモチベーションアップにつなげられる可能性があります。

とはいえ、経営陣と従業員の全員がそれぞれ株式を持つのでは、手続きが非常に煩雑になります。役員持株会・従業員持株会を通して自社の株主となるのが通常です。

MEBOは、経営陣と従業員だけで買収資金が準備できないことも多いため、金融機関からの買収資金借入(LBO)やファンドからの支援を受けて買収するケースが少なくありません。ただ、ファンドが株式を一部取得する場合は、彼らが最後に持ち株を売却するイグジットも踏まえて、事業戦略を立てなければならない点には注意が必要です。

keyboard_arrow_up