オリジネーション

M&A用語

2021.8.13 months前

オリジネーションとは

オリジネーション(origination)は、案件を見つけたり打診したりすることを意味します。「originate:始める」という言葉が由来です。

M&Aにおいて、オリジネーションに含まれる業務にはさまざまなものがあります。

・M&A戦略立案・調査・分析
M&Aを希望する企業の分析やヒアリングを通して、どのようなM&Aを行うかの戦略を立てる

・M&A相手企業の提案(ピッチング)
買い手または売り手となるM&Aの相手方となる企業を提案する

・マッチング
M&A相手となる候補企業と引き合わせる

こういったM&Aの基本合意に至る手前までがオリジネーションに含まれる業務です。そして、オリジネーション業務にあたる人のことをオリジネーターと呼びます。

ちなみに、基本合意から最終契約・アフターフォローなどのステップは「エグゼキューション」と呼ばれます。

なお、オリジネーションは、M&A以外に資金調達でも使われます。企業が株式や債券を発行して資金調達したり、不動産などの資産を証券化したりする業務もオリジネーションと呼ばれます。

keyboard_arrow_up